作成日:2016/07/07
介護休業給付金の「支給率」や「賃金日額の上限額」が変わります



【支給率について】

介護休業給付金の支給額は、これまで休業開始時の賃金の40%でしたが、平成2881日以降に開始する介護休業からは、67%の支給となります。()平成28731日までに開始した介護休業はこれまで通り40%を支給。なお、平成2881日以降に再度開始する介護休業は67%の支給。

【賃金日額の上限額について】

介護休業給付金の算定基準となる賃金日額の上限額は、雇用保険の賃金日額の上限額をもとに決められています。これまでは「30歳から44歳まで」の上限額(現在 14,210円)を適用していましたが、平成2881日以降に開始する介護休業からは「45歳から59歳まで」の上限額(15,620円)を適用することとなりました。

 

(例)賃金日額15,000円の方の場合、平成28731日までは上限額14,210円でしたが、平成2881日からは新上限額の15,000円となります。

rogo3



              一般行動計画

お問合せ
小野社会保険労務士事務所
〒730-0051
広島県広島市中区大手町3-8-1
大手町中央ビル12階
TEL:082-545-5577
FAX:082-545-8533